アーカイブ

⑪『自ら慰めて』

脚本・演出

本橋龍

出演

伊藤拓 内田倭史 善長まりも 豊島晴香 西留翼

「表現活動とは須らくオナニーである。」
3年前「自ら慰めて」の脚本を書いた時のテーマを最近よく考える。芸術、アートを志す人たちが多すぎる気がする。それに対して受け手、観客はとても少ない。皆自分の話を聞いてほしい。人の話を聞きたいって人は少ない。この間、ニュージーランドにワーホリに行ってる彼女から突然電話がきた。彼女は泣きながら「私が人に優しくするのは全部、良い人に思われたいだけなんだ。」ということを言った。「優しさ」っていうのはその葛藤のことを言うのじゃないかな。大丈夫。きっと人は思ってるより優しい。そうやって自らを慰めながら生きていくのだ。

日程

2018年8月30日-9月2日|全8ステージ

会場

RAFT(東京・東中野)
http://raftweb.info/

スタッフ

音楽|坂口恭平
絵|村井守
舞台監督|黒澤多生
演出助手|仲鉢りさ
記録|上原愛 仲鉢りさ
音響|鈴木智博
制作|阿部りん

アフタートークゲスト

九龍ジョー

⑩『転職生』

脚本・演出

本橋龍

出演

黒澤多生 源馬大地 中村佳奈 西留翼 濱津隆之 樋口舞 深道きてれつ 本田晴子 三宅勝 横手慎太郎(シンクロ少女)

全ての信号が青で迎えてくれる様な、そんな朝だってある。まるで転生するみたく彼らになれたりする。愛せたりもする。
会社にいる人にこの先どうするか聞くと、このままここにいる気はないなぁと。その時僕はなんだか風が吹いた気がした。キーンコーンカーンコーンと、定時を告げるチャイムが鳴る。
転がりながら生計を立て続ける。ビジネスライク青春群像劇。

日程

2018年2月28日-3月4日|全9ステージ

会場

王子スタジオ1(東京・王子)
http://oji-st1.blogspot.com/

スタッフ

音楽|オオヤヨシツグ 笹口騒音ハーモニカ
絵|村井守
舞台監督|黒澤多生
撮影|髙部景司
音響|鈴木智博
衣装|猪又義雄
オペ協力|金子美咲
制作|阿部りん

アフタートークゲスト

前田司郎

⑨自宅公演『動く物』

脚本・演出

本橋龍

出演

板橋優里 黒澤多生

自虐と自惚れの最果てのボーイミーツガール。失楽園@六畳の和室。

去年の4月に上演した「動く物☆」を書き直して、自宅にて再演してみようかと思う。去年の12月、姪っ子が産まれた。子どもに一切興味がなかった僕だが、息衝くそのものを見て涙が流れた。産まれて初めて自分が主役でない人生を考えた。短髪になった兄が、「自分がモテるとかもうどうでもいい。」という旨のことを言った。昔自宅で犬が出産した時のことを思い出した。今これを書きながら僕は、テレビや映画で見てきた幾つものインスタントな、誕生と死を思い出してる。あ、子供が欲しい。かもしれない。僕は時給1000円で働くフリーターだ。

「動く物」 台風の日に1人で動物園に来た時、ビショビショになりながら僕は逆に檻の中にいて、観察されてる様な気がした。檻の中の動物は幸せだろうか。人間という動物にしか、恐らくその価値観はないのだけど。それを考えることで自ら心の檻に入るということでしか、自然の摂理に収まる為の最低限の節度やモラルは得ることはできないんじゃないか。

日程

2017年9月16日-9月24日|全13ステージ

会場

ウンゲ荘(東京・江古田)

スタッフ

絵|村井守
音楽|オオヤヨシツグ
写真|髙部景司

⑧『蛇の足がき』

脚本・演出

本橋龍

出演

伊藤拓 オオヤヨシツグ 黒澤多生 善長まりも 本橋龍 山中美幸 渡邊まな実

あなたが人知れず大事にしてきたもの。
後ろ指さされても拘ってきたこと。
全部無駄じゃないよって、抱きしめにいく。
バイト終わりに自転車でどこまででも。

演劇なんて、やるのも見るのも蛇足だ。
カフカの「変身」を読み直して、その結末に安心できた自分の変身について考えてみる。 「無駄に生きるか誰かの為に死ぬか、お前が決めろ。」いつかのCMのランボーの台詞が頭の片隅にこびり付いてる。誰かの為に死ねるだろうか。
いっそ、蛇に足が生えた様なウンゲツィーファー(生け贄にできないほど汚れた動物或いは虫)になれたら良いのに。今夜も僕は、無駄に生きてる。銀杏BOYZを聞いて、あの娘を考えながら。
足が無いのに、足掻き続けている。

日程

2017年3月3日-3月7日|全9ステージ

会場

新宿眼科画廊 地下(東京・新宿)
https://www.gankagarou.com/

スタッフ

絵|村井守
舞台監督|黒澤多生
音楽|オオヤヨシツグ
美術|本橋龍
衣装|猪又義雄
フライヤーデザイン|渡邊まな実
写真撮影|髙部景司
演出助手|加糖熱量 黒澤優美
制作|むらのほなみ

アフタートークゲスト

小田尚稔

⑦『Z.I.B -ゼイベ-』

脚本・演出

本橋龍

出演

猪又義雄 海底二万海里(肉汁サイドストーリー) 黒澤多生 佐藤大治 濱津隆之 渡邊まな実

「野良化」が社会問題になっている。「野良」とはホームレスになり社会構造から外れ、自由に生きる若者たちのこと。
野良化の根底には生きづらい世の中への反発という思想がある。が、現代では何も考えずになる者の方が多い。野良たちの中には集団で行動し、犯罪を犯すものたちもいる。

ホリは何かから逃げる様に色んな場所を転々と渡り住んでいた。とある山奥の広場に居着いていると、野良になりたいという女性と出会う。別の野良が持ってきた犬の餌をえづきながら食らう姿を見て、ホリはその女性に恋をする。逃避の果てのワンダーランドの、更なる逃避の話。

日程

2016年8月4日-8月8日|全8ステージ

会場

RAFT(東京・東中野)
http://raftweb.info/

スタッフ

音楽|オオヤヨシツグ
フライヤーイラスト|村井守
舞台監督|黒澤多生
美術|本橋龍
衣装|猪又義雄
フライヤーデザイン|渡邊まな実
制作|むらのほなみ

⑥『動く物☆』

脚本・演出

本橋龍

出演

井内友里恵(八焔座) 中野志保実 濱津隆之 室田渓人(劇団チャリT企画) 横手慎太郎(シンクロ少女) 渡邊まな実

台風の日に1人で動物園に来た時、ビショビショになりながら僕は逆に檻の中にいて、観察されてる様な気がした。檻の中の動物は幸せだろうか。人間という動物にしか、恐らくその価値観はないのだけど。それを考えることで自ら心の檻に入るということでしか、自然の摂理に収まる為の最低限の節度やモラルは得ることはできないんじゃないか。

▼行動展示①
行動展示とは動物の展示方法で、生態を自然に誘発させて鑑賞者に見せるよう工夫したもの。主観的な行動がエンタメになり得るならそれは希望だなと思い、人間の行動展示をテーマに作品を作るシリーズにこの名前をつけることにした。 行動展示①では、一本の二人芝居の脚本を元にそれぞれ役者が違う三つの作品を作る。

日程

2016年4月7日-4月11日|全12ステージ

会場

RAFT(東京・東中野)
http://raftweb.info/

スタッフ

音楽|オオヤヨシツグ
フライヤーイラスト|村井守
舞台監督|黒澤多生(第参校舎)
美術|本橋龍
制作|むらのほなみ

⑤『一☆生☆心☆友』

脚本・演出

本橋龍

出演

伊藤拓(虫会) 猪又義雄 黒澤多生 小田尚稔 串尾一輝(青年団) 善長まりも 濱津隆之 廣野喬介(アナログスイッチ) 横手慎太郎(シンクロ少女) るんげ(肉汁サイドストーリー) 工藤みさき(まがりかど)

男同士の関係は楽だ、なんて言う。言い方を変えると温い関係だ。生き恥さらしてるのをお互い笑あって、慰めあう様な関係は温いな、と思う。(そうじゃない関係もある。)その温さは呪いだと感じる。それの所為で僕はこんなカスになってしまった、とか思う。ただ、最近はそれよりも儚さを感じる。年を増すごとに明確な目的無しに友人と会うことがなくなってきている。女性の交友関係は長い気がする。

男の友情の寿命は短い。

日程

2015年11月6日-11月10日|全11ステージ

会場

スタジオ空洞(東京・池袋)
http://studiokudoh.blogspot.com/

スタッフ

音楽|山光涼(駄目なダーウィン舎)
舞台監督|黒澤多生
美術|本橋龍
音響操作|松坂貴大
衣装|猪又義雄
制作|むらのほなみ

アフタートークゲスト

犬飼勝哉
村井守

④『自ら慰めて☆』

脚本・演出

本橋龍

出演

衣純 小田尚稔 末永全 善長まりも 中野雄斗((石榴の花が咲いてる。))

ちょいブスぐらいがリアリティあって抜けるとか思ってる謙虚な僕の、5枚のティッシュに包んだ悲しみが、積もりに積もった雪景色。僕に春は来ないゼ……さて、 出した後の頭で考えてみるか、

オナニーについての話しなのですが、そんなに生臭いことやろうってんではなくて、それについての日常というか…。変にタブー視されてる感はあると思うんですよね。そのつまらん偏見で紡がれずにいる物語が沢山あると思う。だから、僕がやる。

日程

2015年2月13日-2月18日|全13ステージ

会場

新宿眼科画廊・スペースO(東京・新宿)
https://www.gankagarou.com/

スタッフ

音楽|おおやヨシツグ
美術|本橋龍
音響操作|松坂貴大
制作|村野穂波

アフタートークゲスト

わっしょいハウス
おおやヨシツグ

③『イける☆この頃』

脚本・演出

本橋龍

出演

古俣晨(劇団回転磁石) hocoten 黒澤多生 フジタタイセイ(劇団肋骨蜜柑同好会) 三宅勝 むらのほなみ

誰もが持っている「死にたい」に捧げる。 『死ねるこのごろ』というのを2年前位にやって、それをもっかいやってみようと思うんだけどやっぱ同じ気持ちではできなくて。初めてやった時は俺らの「死にたい死にたい」ってやつと、例えば、戦争渦中の国で暮らしている様な子の辛さは実は大差ないのでは、、、みたいな糞なことを考えながらやってた。今はもうちょっと前向きで、例えば鬱イートの真ん中にある「愚直な想い」を燻り出す様な、、そんな作業ができたらなと思っている。

日程

2014年9月12日-9月17日|全15ステージ

会場

新宿眼科画廊・スペースO(東京・新宿)
https://www.gankagarou.com/

スタッフ

舞台監督|黒澤多生
音楽|山光涼(駄目なダーウィン舎)
音響オペ|松坂貴大
美術|本橋龍
衣装|猪又義雄
制作|村野穂波